こころに沁みる不思議なお話

noboru_mes

出版が決まりました!

noboru_title

以前からご紹介してきた、「きせき~のぼるは小学校5年生~」の物語の出版が決まりました!!!

書籍化され、アマゾンを通して購入が可能になります。ぜひ楽しみにしていてくださいね!

心理カウンセリングでは、「奇跡」のような素晴らしいことがたくさん起こります。その素晴らしさをみなさんにお伝えしたくて、当オフィスの心理カウンセラー川合仁美が、この物語を書きました。一人でも多くの方に読んでもらいたいと願っています。本の半分ほどまでHP上でアップされています。

この物語は、「のぼるくん」のこころの成長の様子が書かれていて、ワクワクしておもしろいです。読んでくださった方は、大人もこどもも「のぼるくん」が大好きになり、応援してくれます。そしてイラストレーターくぼたてるみさんによる温かい感じのする挿絵もこの本の一つの魅力です。

 

今まで応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

心理カウンセリングオフィス想月 代表 山本麗子

 

物語を読んだ方から、感想をいただきました

☆物語の感想をご紹介します

のぼるくんの物語、送っていただきありがとうございました☆
最初から通して読もうとしたけど、結局続きが気になりすぎて、途中からは続きを読んじゃいました。
のぼるくんに、〇〇ところとか、お母さんが〇〇ところ、
ミシャと〇〇も泣いちゃいました~。。途中から仁美さんが書いてるって忘れちゃいました。
なんだか、カウンセリングを通して、教わったことがいろいろいっぱい入ってる~って思って、
もう一度ちゃんと最初から読もうと思います。
最初の方の、
「それは、孤独感ね。まわりに人がいても、いなくても、自分で自分を否定してしまうと、
どんどんひとりぼっちになっていくのよ。孤独を感じるの。否定というのは、
こんな自分はダメだ、 とか、こんなこと思ってはいけない、とか、
こんな感情をもってはいけない、とか、そして自分なんていないほうがいいんだ、
とか、自分で、自分のことをNOと言うこと。」
というところが、読んでからしばらく時々ふっと心に湧いてきます。
湧いてくるというか、あるのを思い出すっていう感じです。
NHAをやってて、
Facebookに麗子さんが投稿していた、
「ネガティブな感情を抑圧しないでちゃんと見ます、受け止めます」っていうところが
できてなくて、うまくリセット出来ないのかなあって思ったりして、
または、普通に過ごしていて、時々とてつもなくさみしい気持ちがしちゃったりしていて、
このまま一生さみしいのかなあとか思ったり、
そういう時に、でも何か希望があった気がする、
そうだ仁美さんの物語の一節だって、思い出します。
だからしばらくこの文章と一緒にいます。
いつでも近くにミシャがいたらいいなーって思ったけど、
自分で自分の中に、ミシャみたいな存在をつくることは出来るって、
それも希望として持っていようと思います。
あとは、読むたびに違うところが気になるかも!?って気がします。
また読むのが楽しみです。
本になるのも楽しみです。
本当にありがとうございました☆

—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–

のぼるくんとミシャのやりとりがとても自然で、私の近くにもいたらいいなぁと思いながら読みました。
のぼるくんのイライラした気持ち、お友だちの様子など、日常よくあることだったので、イメージがしやすかったです。
ミシャと話しながら、ミシャを心から信頼し、頼っているのぼるくん。信頼しているから生まれてくるのぼるくんの素直さ。
のぼるくんを叱るのではなく、どんな時も認めて、答えを導き出すミシャとの関係が絶妙でした!
のぼるくんが学校を出て行った場面では、本当にドキドキしました。
物語が進んでいくうちに、のぼるくんの気持ちの変化、強さが伺えました。
私自身に置き換えながら読んでしまい、ミシャの存在がとても大きかったです。
子どもたちのこれからの成長に、ミシャを呼んで来たい!!そんな思いです。
せめて私が、子どもたちにとってミシャに近い存在になれたら嬉しいなぁと思いました。
かけるくんと○○になったのぼるくんのことを自分のことのように嬉しかったです。

—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–

何回も読み直していくと、のぼるの気持ちが伝わってきて
家族がひとつになれて良かった~!って気持ちになれました
自分のことを好きになること、友達の大切さ、周りのみんなに助けられていること…心に響きました

—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–

「きせき~のぼるは小学5年生」物語ファイル

「きせき~のぼるは小学5年生~」は、第5章までのお話を無料で公開しています。ぜひお楽しみください。そして、応援をお願いします!

登場人物の紹介
noboru_noboru  のぼる
小学5年生の男の子。小柄だが、学校ではよくケンカをして先生に怒られている。学校に母親が呼び出されることも。友達もいない。
noboru_misya  ミシャ
のぼるが神社で出会った不思議な「女性」。のぼるだけに見え、声ものぼるにしか聞こえないらしい。のぼるに「こころの旅に出よう」と言う。

 

noboru_image_c1     noboru_image_c2

第一章       第二章

 

noboru_image_c3     noboru_image_c4      noboru_image_c5 つづく、、、

第三章       第四章        第五章

いかがでしたか?
のぼるくんとミシャの旅は、まだまだ続きます。
よろしければ、二人へのあたたかい応援をよろしくお願いいたします。

 

イラスト制作☆くぼたてるみ
イラストレーター/コピーライター。常葉学園短期大学美術・デザイン科、絵画・彫刻コース卒業。ゲーム会社のパッケージデザイナーなど、いくつかの職を経たあと、フリーで活動を始める。あたたかく、ほのぼのとした絵柄を得意としている。

Twitter https://twitter.com/Terukon9

 

 

 

お問合わせ

お問い合わせは、こちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

住所 (必須)

電話番号(必須)

年齢(必須)

お問い合わせの種類(必須)
大人カウンセリング子どもカウンセリングNHA(こころを育てるアプローチ)講演会・研修会・ワークショップ

お問い合わせ内容(必須)

お気軽にお問い合わせください。054-289-1580受付時間 9:00-18:00 [ 月・祝日除く ]