不登校 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もともと、がんばり屋さんだったAさん。小学校のときに、自分にいわれもないことで、先生から強く叱られてからは、学校に行くのがイヤになっていきました。それでも、がんばって登校していました。勉強もできたので、まわりから言われて高校受験はしましたが、その直後から学校へ行かなくなりました。高校は受けたものの、なぜ行かなければならないのか、という想いが強く、また人の視線が気になって、外出もできなかったり、昼夜逆転になった生活が続きました。そんなときに、Aさんの希望で、カウンセリングを始めることになりました。
はじめは、週1回の定期的な個人セッションを通して、今まで言えなかった学校に対する想いを、話をしたり、絵を描いたり、連想をしたり、また家族に対する想いも表現していました。思春期だからこそ、家族には言えないことがある、でも、心配かけたくない、という優しい気遣いがありました。
高校の不登校は、義務教育ではないこともあり、欠席による単位の心配や、これからどうなっていくのか、という将来の心配が、中学よりも強くでることがあります。この不安は当初、Aさんにも、Aさんのご両親にもありました。不登校になった子どもは、「行きたくない」ではなく、「行きたい、でも行けない・足が向かない」と葛藤する気持ちを抱えることが多いのです。その葛藤する気持ちを大人が認めてあげると、とても安心することがあります。Aさんの場合は、個人セッションとは別に、Aさんのご両親に来ていただいて、その不安を別々に表現してもらいました。そして、Aさんは自分から勇気をだして、家族に、高校は辞めたい意志を伝えました。
辞めてからは、気持ちが落ち着き、少し外出するようになりました。セッションでは、繰り返し、今まで学校であったイヤだった事や友人関係がテーマに上がってきていました。話だけではなく、イメージを使ったり、お守りを作ったり、絵を描いたりすることもよくありました。過去にあったイヤなことは、それぞれの形で表現することにより、自分の外へ解放してあげることができ、癒しへとつながります。また、自分が見た悪夢について話をしたり、睡眠前に寝つきがよくなるように一緒に対処法を考えたりしました。
少しずつエネルギーがたまっていき、笑うことが増え、友達と遊びに行ったり、外出することも増え、そして、自分のことを肯定することが増えてきたころ、将来のことを考えるようになっていきました。そして、以前は思い出すのも嫌だった学校へ行こうと決心をして、前から好きだった料理学校へ入学しました。また、アルバイトも始めて、自分にとっての進む道を、一歩一歩、力強く踏み出しています。

 

 

不登校といっても、一人ひとり背景も経過も違います。そのため、想月では、その一人ひとりにあった形で進めていきます。

 

不登校や登校しぶりの他、こんなケースもあります。
・ 発達障がい(ADHD、アスペルガー症候群)
・ 摂食障害
・ 適応障害・うつ・不安
・ PTSD(トラウマ)
・ 離婚
・ 死別        など

 お問い合わせ

*お問い合わせは、こちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

住所 (必須)

電話番号(必須)

年齢(必須)

お問い合わせの種類(必須)
大人カウンセリング子どもカウンセリングNHA(こころを育てるアプローチ)講演会・研修会・ワークショップ

お問い合わせ内容(必須)

お気軽にお問い合わせください。054-289-1580受付時間 9:00-18:00 [ 月・祝日除く ]