~アカシックレコード リーディング~

「アカシックレコード」とは、この地球上で存在したすべての魂の活動の記録です。自分の魂の歴史や英知が結集している情報が、エネルギー上に存在すると言われています。この情報にアクセスをすることにより、より自分を理解し、許し、成長し、愛することができるようになります。また、次の自分がとるべきステップが明確になることもあります。

自分の魂の記録ですから、前世での出来事や今の問題への違った見方、天からみたあなたの魂の姿なども、それがもし助けになる場合は明かされることもあります。

日ごろの生活で、自分が悩んでいること、「どうしてこのようなパターンを繰り返してしまうのか?」「どのようにしたら、自分が前に進んでいけるのか」「なぜこのようなことが起こっているのか、そして私にとってどんな意味があるのか」などがアカシックに聞いてみる良い質問のようです。

亡くなった愛するご家族からメッセージがくることもまれにあるようですが、こちらからコンタクトを取りたいという目的ではアクセスできないようです。(私が学んだ、リンダ・ハウさんという先生によると)

セッションを受ける前に

ご希望される方は、1~2個質問をご用意してください。質問は、「なぜ」「なに」「どのように」で始まる質問が適しています。「はい」「いいえ」で答えるような質問は避けて下さい。

良い質問の例:

「自分がより輝ける仕事を見つけるためには自分が何をした方がよいのか?」

「人間関係で同じような苦しみを感じているが、それはどうして繰り返してしまうのか?」

「自分のこの人生での目的は何なのか?」

想月のクライエントさんの場合:

ご希望があり担当カウンセラーが承認すれば、セッションを行います。担当カウンセラーにリーディングを受けることが適切であるかどうか、ご相談ください。

1回約30~45分 12,000円(税込み)

一般の方:

ご希望があれば、一般の方でもお引き受けいたします。ただ、少しお話しを最初にお聞きしてから始めますので、1回のセッションが長めになります。

1回約60~75分 24,000円(税込み)

セッションの流れ

1.麗子グラウンディング・祈り(英語)

2. 質問者 質問して、その質問の背景にある事情について少し詳しく話す。

3. アカシックレコードに聞き、それを麗子が読み取っていく。

4. ご希望でしたら、メモにとってください。

5. 麗子のリーディングの最中に質問してくださって、OKです。

6. 最後に感謝の祈りを唱えて終わります。(英語)

7. 短い振り返り。

 

注意事項

・麗子は、深いリラックスした状態になり、自分がお伝えした情報をすべて覚えていない時もあります。終わった後は、ちょっとぼーっとしたような感じになるかもしれませんが、大丈夫ですので、ご心配なく。

・従来の心理療法は、ご自分で答えをゆっくり探っていくのですが、この「アカシックレコードリーディング」では、アカシックレコードからダウンロードされる情報を私が一度理解し、それをお伝えします。多くの場合何らかのヒントや情報がはっきりと示されます。

・お伝えする内容は、多くの場合「なにか腑に落ちる」ようなものになるようです。

・天が私たち魂の存在をどのように見ているかの視点で答えが渡されますので、それはとても慈悲と愛情、深い理解に基づくものなので、ご安心してください。不安を抱かせるようなお伝えの仕方はされません。

・質問に対する答えが、すぐにでないことがあります。しばらく場面が、まるで映画を見ているように、展開していったりして、少し理解するのに時間がかかることがありますが、最後にはすべてがつながって理解できます。

・一つだけ麗子からのお願いは、リーディングを受けた感想を、直後としばらく経ってから担当のカウンセラーを通して教えてください。一般の方も、その後メールで様子を最低1回はご連絡して下さい。

・カウンセリングのように定期的に毎週受けなければならないということではありません。一回のみでも受けることができます。

・カウンセリングと併用しても大丈夫です。さらに理解が深まり自己受容が進みやすくなります。

山本麗子の学びの歩み

2013年よりアカシックレコードにアクセスできるようになり、今まで60名を超える方にセッションを行ってきました。2018年、リンダ・ハウ先生のオンラインコースをアカシック・プラクティショナー認定コース修了しました。リンダ・ハウについては、こちらをご覧ください。

以上、もしご希望される場合は、担当のカウンセラーまでお知らせください。

心理カウンセリングオフィス想月代表 山本麗子(拝)

お気軽にお問い合わせください。054-340-0700受付時間 9:00-18:00 [ 月・祝日除く ]